うつ病には、こころとからだの痛みがあります。

笑顔

痛みの放置による影響

このサイトでも、何度もお話しましたが、うつ病が痛みの伴う病として認識している人は非常に少ないです。
そのため、実際にうつ病を患っている人の中にも、自分自身が感じている痛みがうつ病によるものとして理解していない場合が多いのです。
例えば、からだの痛みを感じたとしても、うつ病の主治医に相談するべき内容ではないと思っている人がほとんどなのです。
そういったことから、うつ病の診療を受ける際も、からだの痛みを感じているということを口にするケース自体が少なく、結果的に治療に結びつかないということもあるのです。

では、そのままうつ病による痛みだと気が付かないまま、その痛みを放置しているとどうなるのでしょうか。
一番はやはり、うつ病の回復に大きな影響を及ぼすと言われています。
やはり、「痛み」に関しては、多くの人があまり良い感情を抱きません。できることなら、感じないほうが良い感覚と考えている人もいるでしょう。
毎日のように、その痛みを感じることによって、気持ちが晴れず結果的にうつ病の回復を遅らせてしまい兼ねないのです。

また、このほかにも、仕事や家事に集中できないといったこともあるため、日常生活にもさまざまな影響を及ぼします。
上記のように、日常生活に影響があると、当然ストレスも溜まり、さらに気持ちが落ち込んでしまいます。
そうなると、結果的に回復どころか悪化させてしまい兼ねないのが、こわいところなのです。