うつ病には、こころとからだの痛みがあります。

笑顔

うつ病と痛みの治療

うつ病には、こころの痛みとからだの痛みがあります。
そして、そのからだの痛みは、うつ病の回復に大きな影響を及ぼす場合があるのです。
しかし、痛みがうつ病によるものだということと、痛みによってうつ病の回復に大きな影響を及ぼしてしまうということを理解していない人が多いのが現状です。
この点が、うつ病の非常にこわいところで、一刻も早く「うつ病は、気分が落ち込むだけではない」ということを、たくさんの人に理解してもらう必要があります。
そうすることによって、少なくとも「うつ病の痛み」で悩んでいる人の問題は、少しずつ改善されていくのではないでしょうか。

ただ、うつ病を治療するためには、からだの痛みを治療するだけではいけません。
やはり、こころとからだのバランスを考えた上で、治療を進めていかなくてはならないのです。
どちらか一方だけでは、回復は難しいと言われています。

その回復の第一歩として、からだの痛みがあることを医師に相談することが大切です。
しっかりと主治医とコミュニケーションを取り、こころとからだの症状を和らげていくことが回復の糸口と言えます。